コラム Column

英会話お勧め出来ない勉強法

2020.01.19

たくさんのフレーズを覚えるやり方

前回、英会話をする時にやってはいけないことを書きました。

それは、英語の単語を日本語の単語に、または日本語の単語を英語の単語に訳すということでした。

理由は、日本語と英語は文の作り方が違うということと、英語には日本語には無い単語があるからでした。

今回は、英会話を学ぶうえで、あまりお勧め出来ない勉強法について書ておこうと思います。

それは、英語のフレーズと日本語訳をセットにして、たくさんのフレーズを覚えていく、というやり方です。

このやり方をお勧め出来ない理由は、下記2つがあります。

1、記憶力との戦いになること。

2、フレーズが増えてくると混乱が生じるから。

まず、1についてなのですが、

あなたは、500個とか1000個、またはそれ以上の英語のフレーズを簡単に覚えられますか?

私には無理です。

どうして、その単語を使うのか? どうして、そのような言い方をするのかも分からないまま、その英語のフレーズを沢山覚えていくのは、私にはとても困難な作業です。

また、たとえ500個、1000個のフレーズを覚えられたとしても、外国人との英語の会話の時に、自分の言いたい内容のフレーズを記憶の中から瞬時に引っ張り出してきて、思い出しながらそのフレーズを口にするという作業を、会話は繰り返すことになりますから、そんな芸当は、私にはとても出来ません。

記憶力が良くて頭の回転が速い人は出来るかもしれませんが、私にはとても出来ません。

私も以前は、日本語と英語の違いを知らなかったので、フレーズをたくさん覚えるというやり方にチェレンジしたことはありますが、特に私は記憶力が悪いので、すぐに挫折してしまいました。

 

次に、フレーズを覚えるやり方をお勧め出来ない理由の2は、

フレーズを増やしていくと、よく使われる同じ単語に何回か出くわしますが、同じ単語なのに日本語訳が違ったり、違う英単語なのに日本語訳が同じになってたりします。

そうすると、やればやるほど訳が分からなくなってしまうからです。

この原因は、前回のコラムで書いた日本語と英語の大きな2つの違いから来ています。

 

なので、記憶力に自信があって、頭の回転が速い人は別ですが、自分はそういうタイプではないという人には、フレーズを沢山覚えるというやり方はお勧め出来ません。

私と同じように「私には無理だ!」と挫折につながる可能性が高いからです。

 

そこで、福生の英会話スクール・パワーイングリッシュでは、

福生駅近くの教室と横田基地の中で、フレーズを沢山覚えるというやり方ではなく、他のスクールとは違った2つのタイプのマンツーマンレッスンをご提供することによって、初心者の方や英語に自信のない方にも、楽しみながら使える英会話・英語を学んで頂いております。

このやり方を気に入って頂いて、当校には福生市だけでなく、羽村市、昭島市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、立川市、日野市、八王子市、国立市、国分寺市、三鷹市、東大和市、小平市、埼玉県の入間市、所沢市、遠くは新宿区や江東区、熊谷市からも通って頂いております。

当校のやり方にご興味のある方は、是非1度ご連絡を頂ければと存じます。

 

 

 

 

一覧に戻る